表札の取付マニュアル

Aタイプ/壁面に穴を開けられない場合の取り付け方法

1.表札の裏面に両面テープを貼ります。これは接着剤が硬化するまでの仮止めになります。

2.そして中央部に接着剤を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。

3.表札が水平になる様に注意しながら圧着します。

  • ※接着剤と両面テープは有料オプションです。
  • ※接着剤が表札からはみ出さないようにご注意ください。

Bタイプ/裏面引っ掛け穴を利用した取り付け方法

1.表札の取付け位置を決め振動ドリルなどで深さ10mm程度の穴を開けます。

2.開けた穴に引掛け用の木片・割りばしなどを差し込みます。表札の裏面と壁面に接着剤を塗り、引掛け用木片に表札を引つ掛けて圧着します。

  • ※接着剤は有料オプションです。
  • ※接着剤が表札からはみ出さないようにご注意ください。

Cタイプ/背面ボルト出しタイプの取り付け方法

1.付属しておりますボルトを表札裏面にセットします。そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで深さ25~30mm直径6mmの下穴を開けます。

2.開けた下穴の中の「ケズリ粉」等を綿棒などで取り除き、細い棒等を使って下穴の中に接着剤を塗り込みます。

3.ボルトにも接着剤を塗り下穴の中に差し込みます。ベース板有タイプの場合はベース板裏面にも接着剤を塗ります。

D1タイプ/付属のボルト(1本)を使用した取り付け方法

1.付属のボルトと本体を接着します。そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。

2.表札の裏面に接着剤を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。

3.下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

※接着剤が表札からはみ出さないようにご注意ください。

D2タイプ/付属のボルトを使用した取り付け方法

1.付属のボルトと本体を接着します。そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。

2.表札の裏面に接着剤を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。

3.下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

※接着剤が表札からはみ出さないようにご注意ください。

Eタイプ/スタッド金具(有料オプション)を使用した取り付け方法

1.付属の両面テープで表札の裏面にスタッド金具を付けます。

2.そのまま取付位置にあてがいボルトの位置に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで深さ25~30mm直径5mmの下穴を開けます。

3.表札の裏面に接着剤を塗ります。壁面にもはみ出さない様に接着剤をなじませます。

4.下穴にボルトを差し込み強く圧着します。

5.出来上がりです。

  • ※接着剤とスタッド金具は有料オプションです。
  • ※接着剤が表札からはみ出さないようにご注意ください。

Fタイプ/アイアン表札の取り付け方法

1.表札の取付位置を決め実際に表札をあてがい裏面のボルトの位置に下穴用の印を入れます。(ボルトが別パーツの場合ボルトをセットしてください。)

2.その位置に振動ドリルなどで深さ25~30mm直径6mmの下穴を開けます。

3.開けた下穴の中の削り粉などを綿棒などで取り除きます。細い棒などを使って下穴の中に接着剤を塗り込みます。

4.ボルトにも接着剤を塗っておきます。

5.ボルトを下穴の中に差し込みます。

6.出来上がりです。

Gタイプ/ベース台座を使用した取り付け方法

1.表札取付位置にベース台座をあてがいビスで固定して下さい。壁面がコンクリートなどビスが使用できない場合、下穴を開けカールプラグなどを使用しビスで固定してください。。

2.ベース台座に上カバーをかぶせ付属のボルト2本を使用し上下で止めて下さい。

3.出来上がりです。

Hタイプ/軽量の表札で壁面がフラットな場合の取り付け方法

1.表札の裏面に両面テープを貼ります。そのまま表札取付位置にあてがい圧着してください。

  • ※両面テープは有料オプションです。
  • ※取付壁面に凹凸や特殊コーティング等がある場合、両面テープが機能しない場合があります。ご注意ください。

Iタイプ/LED表札の取り付け方法

1.表札取付位置に取付受皿をあてがい取付位置を決めます。

2.固定用ネジで取り付けます。(壁面がコンクリート等の場合は、振動ドリル等で下穴をあけ、カールプラグを差し込みます。)

3.表札側のLED防水コネクタと延長コード側の防水コネクタを結線します。

4.表札本体を取付受皿にかぶせ左右のネジで固定します。

Mタイプ/差し込み式マンションユニットの取り付け方法

1.スライド式/落とし込み式の表札ユニットで、タテヨコのサイズと厚みが適合する場合は、そのままユニットにはめ込んでご使用下さい。 スライド式/落とし込み式のユニットでご使用の場合は表札上下が隠れますので、表札デザインによってはデザインアレンジをすることをお勧めします。

2.マンションなどに備え付けのスライド式/落とし込み式のユニットに表札を取り付ける場合、表札の上下エリアがユニット内側に隠れます。

3.文字のみがレイアウトされた表札の場合は特に問題はありませんが、飾り枠などのデザインが入った表札では、右図のようにデザイン部分がユニットに隠れてしまう場合があり、美しくありません。

4.そこで、上記のような状態が予想される場合は、表札上下が何cm程度隠れるかをあらかじめお知らせ下さい。お客様の設置状況に合わせて、上下の余白を調整したデザインアレンジをご提案させていただきます。上下余白を調整することで、表面に見えている部分がすっきりと収まるようになります。

Оタイプ/郵便ポストの取り付け方法(壁面ビス固定)

1.ポスト取り付け位置にポスト本体をあてがい、ポスト背面の取り付け穴に下穴用の印を入れます。振動ドリルなどで直径6mmの下穴を開け、カールプラグを差し込みます。

2.ポスト扉内側より付属のビス4本でポスト本体をしっかり固定してください。

※カールプラグ4本とビス4本が付属しています。

  • ※サイディング壁等、内面が中空の壁面はボードアンカー等を別途ご購入して取付てください。
  • ※フェイサス(ラウンドタイプ・フラットタイプ)に関しましては、ポスト本体背面に取付用の穴が開いておりませんので、ポスト背面からドリルで4ヶ所穴を開けてください。

Pタイプ/固定金具を使用した郵便ポストの取り付け方法

1.ポスト本体底面に付属してあるL金具を取りはずします。付属のL金具を壁面に取付ます。(壁面に振動ドリルで4箇所、下穴をあけます。カールプラグを差込みビスでしっかり固定してください)ポスト本体をL金具の上にのせポスト底面とL金具の穴が合うように注意し、本体の壁の穴位置を決め下穴をあけてください。

2.固定済のL金具にポスト本体をのせ、ポスト本体底面とL金具を付属のビスで仮止めして下さい。

3.ビス2個所でポスト本体と壁を固定します。(カールプラグを差し込みビスでしっかり固定してください)最後にポスト本体とL金具をビスで固定します。

※カールプラグ6本とビス6本が付属しています。

※サイディング壁等、内面が中空の壁面はボードアンカー等を別途ご購入して取付てください。。

セットアップ金具を使った取り付け方法

1.サインボードを取付位置にあてがいセットアップ金具部に印を入れます。印部に皿ネジで座金を取り付けます。

2.壁面がコンクリート等の場合は、印部を振動ドリル等で下穴をあけカールプラグを差し込みます。

3.座金部にセットアップ胴部をセットします。

4.セットアッブ胴部のボルトに樹脂ワッシヤを入れ、表札をボルト部にひっかけます。

5.樹脂ワッシヤを入れてキャップでしっかり固定します。

インターホンカバーの取り付け方法

  1. お届けしました状態で取付け位置のご確認をお願いします。鉛筆などでL型金物の位置などマーキングしてください。
  2. 横ビス【片面2箇所】を取外し、L型金物を分解してください。壁に取付る側と本体に加工されている側に分かれます。
  3. 壁側の金物を付属のビスで取付けます。壁に穴加工しますので、工務店様にご相談ください。壁材により適正なビスで取付を行ってください。
  4. 壁側の金物の取付けが完了しましたら、②番と逆の作業で横を取付けてください。
  5. 完成です。

※本体側と壁側のL型金物にクリアランスがある場合は、壁側のL型金物で取付け位置を調整してください。絶対に無理に取付けを行わないでください。金物が破損するおそれがあります。

表札の仕様から探す
Aタイプ/壁面に穴を開けられない場合の取り付け方法
Bタイプ/裏面引っ掛け穴を利用した取り付け方法
Cタイプ/背面ボルト出しタイプの取り付け方法
D1タイプ/付属のボルト(1本)を使用した取り付け方法
D2タイプ/付属のボルトを使用した取り付け方法
Eタイプ/スタッド金具(有料オプション)を使用した取り付け方法
Fタイプ/アイアン表札の取り付け方法
Gタイプ/ベース台座を使用した取り付け方法
Hタイプ/軽量の表札で壁面がフラットな場合の取り付け方法
Iタイプ/LED表札の取り付け方法
Mタイプ/差し込み式マンションユニットの取り付け方法
Оタイプ/郵便ポストの取り付け方法(壁面ビス固定)
Pタイプ/固定金具を使用した郵便ポストの取り付け方法
セットアップ金具を使った取り付け方法
インターホンカバーの取り付け方法
LED表札の施工方法
補足
天然石表札の取り付け方法
天然銘木表札の取り付け方法
厚型・重さのある表札の取り付け方法
薄型プレート表札(軽量)の取り付け方法
薄型プレート表札(戸建て・マンション兼用)の取り付け方法
アーチ型表札の取り付け方法
※取り付けにあたってのご注意
取り付け用接着剤は、当店推奨の『強力接着剤』のご使用をお勧めします。当店の接着剤は充填材としても機能しますので、ある程度の凹凸面であれば問題無くご使用いただけます。
外壁に凹凸面が大きいような場合は、施工業者、工務店などにご依頼いただき取り付け下地を作っていただくことをお勧めします。
壁面に大きな凹凸や特殊コーティングがある場合は、両面テープや接着剤が機能しない場合があります。ご注意下さい。
接着剤による取り付け後は24時間ほど養生テープなどで表札の上から圧着してください。その場合は表札に直接、養生テープなどを貼ってしまうと剥がした時に文字部の塗料や表札表面のコーティングが一緒に剥がれてしまう場合がございますので、表札とテープの間に紙などを1枚挟んでください。
接着剤の盛り過ぎや取り付け面の淵ギリギリまで塗ってしまうと表札を圧着した後に外にはみ出す場合がございますので、十分にご注意ください。
上記取り付け方法は推奨一例です。壁の状況などによっては取り付け方法が異なる場合があります。お客様ご自身による取り付けが困難と思われる場合には、施工業者などにご依頼されることをお勧めします。