ステンレス・その他金属製表札のお手入れ方法

ステンレス表札のお手入れについて

ステンレスSUS304は、金属の中でも非常に錆びにくく耐食性にすぐれていますが、ステンレスと言えども日頃のケアを怠るとサビが発生してしまいます。ステンレス表札をサビから守る為にも日頃からのお手入れが不可欠です。ステンレス表札のお手入れ方法としては、ネル・ウエスなどの柔らかく乾いた布でステンレス表面を乾拭きする程度で十分ですが、もし水拭きした場合は必ず最後に乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は水拭きした後、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ拭き取る様にし、必ず最後に乾拭きしてください。もしステンレス表面にサビが出てきた場合は、そのまま放っておかず、早い時期にクリームクレンザーで落せば元の状態に戻ります。 また、ステンレスの表面仕上げがヘアラインやバフ磨き仕上げの場合は、いずれの工程も、その目に沿って行ってください。

ブロンズ(銅)・真鍮・鋳物表札のお手入れについて

銅および真鍮製の表札は空気に触れると酸化し、サビや変色等が起こりやすく、その進行を遅らせるためクリアー塗装によるコーティングを行っております。お手入れ方法としては、ネル・ウエスなどの柔らかく乾いた布で金属表面を乾拭きする程度で十分ですが、もし水拭きした場合は必ず最後に乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は水拭きした後、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ拭き取る様にし、必ず最後に乾拭きしてください。また、乗用車用に市販されている拭き取り簡単タイプのワックスを少量使用することで、お手入れの効果を持続させることができます。

カラーコート・メッキ表札のお手入れ

お手入れ方法としては、ネル・ウエスなどの柔らかく乾いた布で表札表面を乾拭きする程度で十分ですが、もし水拭きした場合は必ず最後に乾拭きしてください。汚れが目立つ場合は水拭きした後、中性洗剤を水に薄めたものをスポンジや柔らかい布に含ませ拭き取る様にし、必ず最後に乾拭きしてください。また、乗用車用に市販されている拭き取り簡単タイプのワックスを少量使用することで、お手入れの効果を持続させることができます。

ご注意ください
※コンパウンドなどの金属研磨剤は使用しないでください。
※アルコール・ラッカーシンナーなどの有機溶剤は使用しないでください。
※酸性、アルカリ性の薬品・洗剤・洗浄剤は使用しないでください。
※たわし・スチールウールなど、製品に傷を付ける恐れのあるものは使用しないでください。